離職と再就職

看護師は、離職率の高い職業ですが、再就職の難しい職業でもあります。結婚や出産をきっかけに離職する看護師が多いようですが、一度離職してしまえば、育児などがひと段落して、再就職をしたいと思ってもなかなか難しいようです。現在、日本には、看護師の免許をもっているが、看護師として働いていないという人が約55万人程いるようです。そして、そのうちの8割程度の人たちが看護師として復帰したいと願っているそうなんですよ。しかし、なかなか復帰への第一歩というのを踏み出せないでいる人たちが多いようです。その理由としては、離職している間に進んでしまった医療技術というのがあります。医療というのは日々進歩していますよね?育児などがひと段落して、復帰を考えはじめるのが、離職してから5年ほどたってからなんだそうですが、その間に、医療現場では、新しい機械が導入されていたりするようです。そういったものを使いこなせるか?といった不安や、以前のような働きができるのか?といった不安などから、なかなか復帰できないでいる看護師が多いそうですよ。また、復帰した場合の勤務時間というのも問題です。夜勤や残業は難しく、パートというかたちを選ぶ人もいるようですが、パートだと昇給などの見込みも薄くなってしまいますね。また、託児所があるところでないと!といった条件付きの看護師もいるでしょうから、なかなか看護師の再就職というのは難しいようですよ。

離職率の理由2

看護師の離職率の高さには、体力面や精神面が大きく関わっていると思いますが、給与というのも問題のようです。看護師の年収といえば、高そうなイメージがあり、実際にも女性の平均年収と比べるとかなり高いようです。しかし、周りから見ると高いと思われる給与でも、看護師として働いている側からすれば、安いという気持ちがあるようですね。なぜなら、看護師の仕事が肉体的にも精神的にもかなりハードだといえるからでしょう。看護師の離職率が高い原因としてのべた、労働時間やストレスなどを考えれば、もっと給与が高くてもいいはずだと考える看護師もいるようで、割に合わないと、離職する看護師が多いそうですよ。また、出産や育児などをきっかけに、離職せざるおえない状況になる看護師もいるでしょう。こういったことから、看護師の離職率というのがあがり、慢性的な看護師不足に陥っているのではないのかな?と思います。なので、最近では、雇用条件を見直している病院なども多く、これらの離職の原因である問題は、転職して別の病院へ移ることによって改善される場合もあるようです。せっかく、苦労して看護師になったのですから、すぐに離職を決めてしまうのではなく、転職してみて、状況がかわるかどうかというのを試してみるのはどうでしょうか?高齢化社会において、看護師の需要とはますます増えることになるだろうと思われます。現在も看護師が不足しているところはたくさんあるので、離職の前に、一度転職をして様子を見てみるのはどうでしょうか?

離職率の理由

看護師の離職率の高さややはり、激務が原因のようですですね。肉体的にも精神的にもタフでない看護師は離職を考えてしまうようです。看護師というのは、基本的に立ち仕事で、長時間労働になります。残業もあれば、夜勤だってあるのが当然ですよね?そのため、必ず不規則な生活を強いられてしまいます。看護師というのは、まだまだ女性がほとんどの職業です。女性同士特有のイジメなどもかなりあるようですし、結婚などで誰かと生活を共にする場合、難しく、離職を考える看護師が多いようですね。また、近年医療ミスといった問題も大きく取り上げられるようになりました。以前より、些細なことでも異議を唱えるような患者も増えているようです。医療裁判なども件数がふえているようですからね。命にかかわる仕事ですし、ミスなどあってはならないことだと思いますが、些細なことでも注文をつけてくる患者が多くなったりして、張り詰めた気持ちで仕事をし続けるような状態になっているようなんですよね。そういったことからもストレスに耐えきれなくて、離職してしまう人も多いそうですよ。さらに、看護師のおかれている環境というのも問題のようですね。基本的に、看護師というのは医師に絶対服従なんだそうですよ。しかし、なかには、傲慢な態度の医師やセクハラをおこなうような医師もいるそうですし、医療ミスではなくても患者とのトラブルなどがおきるようです。また、医師と患者の板挟みのような立場におかれることが多いというのも精神的負担になり、離職率へとつながっているよですね。

看護師の離職率は高い!?

看護師というのは、離職率の高い職業なんだそうですよ。ですが、看護師は、白衣の天使などともよばれ、人気の高い職業でもありますよね?昔、看護師に憧れたという人も多いのではないでしょうか?しかし、残念ながら、離職率は高いのだそうです。看護師になるというのだけでも大変ですよね?看護学校に通ったり、国家試験を受けるために勉強したりといろいろと大変そうです。実習なども、かなり厳しいようですし、看護学校も卒業するまでに、いなくなるという人がかなりいるようですからね。人の命にかかわる仕事ですから当然なのかもしれませんが・・・。そういったことを乗り越えて、やっと看護師になれても一年とたたずに、離職してしまう人が多いようですね。看護師になって、一年以内に離職や転職などをするという人が、1割以上はいるそうなんですよ。このように、高い離職率のせいからか、看護師不足というのが問題になっていますよね?では、どうして、看護師は離職率が高いのでしょうか?離職の原因にはどういったことがあるのでしょう?やはり、看護師の離職率の高さというのは、激務によるものが多いのでしょうかね?看護師といえば、年収などは高いイメージがありますよね?しかし、高い年収だけあって、仕事内容はつらいものがありそうだというイメージもあります。では、実際はどうなんでしょうか?看護師の離職率の高さや原因はどういったことからくるのか調べてみたいと思います。