離職率の理由

看護師の離職率の高さややはり、激務が原因のようですですね。肉体的にも精神的にもタフでない看護師は離職を考えてしまうようです。看護師というのは、基本的に立ち仕事で、長時間労働になります。残業もあれば、夜勤だってあるのが当然ですよね?そのため、必ず不規則な生活を強いられてしまいます。看護師というのは、まだまだ女性がほとんどの職業です。女性同士特有のイジメなどもかなりあるようですし、結婚などで誰かと生活を共にする場合、難しく、離職を考える看護師が多いようですね。また、近年医療ミスといった問題も大きく取り上げられるようになりました。以前より、些細なことでも異議を唱えるような患者も増えているようです。医療裁判なども件数がふえているようですからね。命にかかわる仕事ですし、ミスなどあってはならないことだと思いますが、些細なことでも注文をつけてくる患者が多くなったりして、張り詰めた気持ちで仕事をし続けるような状態になっているようなんですよね。そういったことからもストレスに耐えきれなくて、離職してしまう人も多いそうですよ。さらに、看護師のおかれている環境というのも問題のようですね。基本的に、看護師というのは医師に絶対服従なんだそうですよ。しかし、なかには、傲慢な態度の医師やセクハラをおこなうような医師もいるそうですし、医療ミスではなくても患者とのトラブルなどがおきるようです。また、医師と患者の板挟みのような立場におかれることが多いというのも精神的負担になり、離職率へとつながっているよですね。