離職率を下げる工夫

看護師の離職率を減らすためにも、再就職率をあげるためにも短時間正職員という制度を導入している病院があるようです。この短時間正職員という制度を導入することによって、離職率を下げることや再就職率をあげることに成功している病院があるそうなんです。短時間正職員というのは、夜勤や残業などを免除してもらえるが、パートなどとは違い昇給の可能性なども正職員と同じようにあるという素晴らしい制度なんだそうです。なんで、育児や介護などで、夜勤ができないといった人でも離職することなく看護師を続けていけるのです。この制度によって、離職率が下がるのなら、全ての病院で導入するべきだと思いませんか?ですが、この制度を導入すると人件費が高くなってしまうという問題と、正職員である看護師に負担がかかってしまうという問題があります。短時間正職員はパートではないので、人件費はもちろん高くなりますし、夜勤や残業を免除してもらうので、その分他の看護師が引き受けなくてはいけません。しかし、病院的には、人件費が高くなりますが、その分、安定した医療を提供できるようになりますし、正職員である看護師もいつ自分が反対の立場になるかもしれないといったことから割と受け入れられている傾向があるようですよ。こういう工夫で看護師の離職率がどんどん下がっていけばいいですよね。しかし、医療機関には看護師よりもっと離職率の高い職業があるそうなんです。それは、准看護士です。准看護士の離職率というのもかなり高いようですが、その理由は次回にさせていただきます。