准看護士の離職率

看護師の離職率は高いですが、准看護士の離職率というのもかなり高いようです。離職率の原因の前に、皆さんは、看護師と准看護士の違いを知っていますか?実は、看護師と准看護士の仕事内容に差はないそうなんですよ。ですが、准看護士の給与というのは、看護師に比べてかなり低いようです。同じように、夜勤も残業もしているそうなんですが、給与にはかなり差がでてしまうようなんですよね。看護師というのは、国家試験を受けて合格しないといけませんよね?しかし、准看護士というのは、国家試験を受けなくてもいいそうなんです。都道府県知事かなんかの試験を受けて合格すればなれるようなんですよね。そういったことの違いだけで、差がでてしまうようなんです。確かに、看護師に比べるとなるのはハードルが低いかもしれませんが、なってからはやっている仕事は一緒なんですよ?なのに、給与に差がでるということは当然離職率も高くなってしまいますよね?准看護士については、その制度自体見直しをはかっているらしいですけどね。准看護士や看護師の離職率の高さからも雇用条件の見直しをされている病院が多いようですので、離職を考える前に、転職エージェントなどに相談してみるのがいいですよ。転職エージェントはかなりいろいろなメリットがありますが、たくさんサイトがあるのでどこに登録しようか迷ってしまうと思います。いろんな転職エージェントを比較して、よさそうなところ2,3サイトに登録してみましょう。

離職率を下げる工夫

看護師の離職率を減らすためにも、再就職率をあげるためにも短時間正職員という制度を導入している病院があるようです。この短時間正職員という制度を導入することによって、離職率を下げることや再就職率をあげることに成功している病院があるそうなんです。短時間正職員というのは、夜勤や残業などを免除してもらえるが、パートなどとは違い昇給の可能性なども正職員と同じようにあるという素晴らしい制度なんだそうです。なんで、育児や介護などで、夜勤ができないといった人でも離職することなく看護師を続けていけるのです。この制度によって、離職率が下がるのなら、全ての病院で導入するべきだと思いませんか?ですが、この制度を導入すると人件費が高くなってしまうという問題と、正職員である看護師に負担がかかってしまうという問題があります。短時間正職員はパートではないので、人件費はもちろん高くなりますし、夜勤や残業を免除してもらうので、その分他の看護師が引き受けなくてはいけません。しかし、病院的には、人件費が高くなりますが、その分、安定した医療を提供できるようになりますし、正職員である看護師もいつ自分が反対の立場になるかもしれないといったことから割と受け入れられている傾向があるようですよ。こういう工夫で看護師の離職率がどんどん下がっていけばいいですよね。しかし、医療機関には看護師よりもっと離職率の高い職業があるそうなんです。それは、准看護士です。准看護士の離職率というのもかなり高いようですが、その理由は次回にさせていただきます。

看護師の離職率は高い!?

看護師というのは、離職率の高い職業なんだそうですよ。ですが、看護師は、白衣の天使などともよばれ、人気の高い職業でもありますよね?昔、看護師に憧れたという人も多いのではないでしょうか?しかし、残念ながら、離職率は高いのだそうです。看護師になるというのだけでも大変ですよね?看護学校に通ったり、国家試験を受けるために勉強したりといろいろと大変そうです。実習なども、かなり厳しいようですし、看護学校も卒業するまでに、いなくなるという人がかなりいるようですからね。人の命にかかわる仕事ですから当然なのかもしれませんが・・・。そういったことを乗り越えて、やっと看護師になれても一年とたたずに、離職してしまう人が多いようですね。看護師になって、一年以内に離職や転職などをするという人が、1割以上はいるそうなんですよ。このように、高い離職率のせいからか、看護師不足というのが問題になっていますよね?では、どうして、看護師は離職率が高いのでしょうか?離職の原因にはどういったことがあるのでしょう?やはり、看護師の離職率の高さというのは、激務によるものが多いのでしょうかね?看護師といえば、年収などは高いイメージがありますよね?しかし、高い年収だけあって、仕事内容はつらいものがありそうだというイメージもあります。では、実際はどうなんでしょうか?看護師の離職率の高さや原因はどういったことからくるのか調べてみたいと思います。