不満や不安が多い

医療というのは人の命を預かるお仕事ですから、やっぱり責任の重さが半端じゃ無いんでしょうね。
特に新人看護師さんなんかは「医療ミスをするかもしれない...。」というプレッシャーがストレスに代わってしまい、それに耐え切れなくなって辞めてしまうという人も多いらしいですし...。
chuusha
2009年に社団法人日本看護協会によって実施されたという看護職員実態調査では、看護師の抱える悩み・不安要素としてそれが一番多い意見だったようです。
次いで“業務量が多い”とか“看護業務以外の雑用が多い”という意見が挙がっていました。
流石にベテランの看護師さんともなると医療ミスなどの不安はなくなるようですが、代わりに上記のような不満が多く出てくるようになるんですね。
あと、男性の看護師さんというのは未だにやはり数が少ないというのがあるからか勤める病院によっては女性よりも弱冠給料が少なく設定されていたり力を必要とする雑務ばかり押し付けられたりということもあるといいます。
実際女性の多い職場ですから力仕事を任される、というのは仕方のないことなんでしょうけれどそんな雑務が仕事の大半を占めていたら「看護師になった意味が無い」と考えて辞めてしまうのも無理もない話しですよね。
それに女性が多く、患者さん以外の外部との接触が殆どない病院という閉鎖的な空間での人間関係というのも離職の大きな理由の一つとされているようです。
どの問題も容易く解決できるようなものではなさそうですし、まだまだ看護師の離職率が下がる事はなさそうですね...。

人員不足を改善したい

看護師さんに憧れる女性は多いと思います。専門の学校でまじめに勉強さえすれば国家資格を取るのもそう難しい事ではないといわれています。けれども実際にその仕事内容を目の当たりにするとあまりのハードさに気持ちの上で負けてしまう人もたくさん居て、何処の医療機関も人手が不足している状態にあるんだそうです。
call
それでも頑張って看護師になる方も当然いらっしゃるのですが、看護師の平均的な勤続年数は4~7年といわれていて定年まで働き続けるという方は少ないようです。実際私が以前お世話になっていた医療施設に数年後出向いてみたら知っている看護師さんは殆どいらっしゃらなくなっていて寂しい思いをした経験があります。居なくなった看護師さんがみんな退職したというわけではなくて、中には他の施設に移動になったという方もいらしたんですけれど殆どが退職という形で出て行かれてしまわれたと聞きました。
weding
女性の場合どの職に就いていたとしても結婚や妊娠を理由に離職してしまう事が多いのですが、看護師さんの場合は特に仕事の大変さもあるので退職して家庭に入る人、転職して別の道を進む人が多く出てしまうそうです。そういった理由による離職者を少しでも減らせるようにと最近では医療機関側も更に待遇を良くして人員を増やそうという努力をしているそうです。たとえば就職祝い金の贈呈や、派遣看護師の導入など。給料に関しても看護師さんは他の職に比べると大幅に高く設定されているんです。更には資格さえあれば特に年齢が問われる事もなく、最近では40代の新人看護師さんも増えつつあるそうですよ。

転職エージェントの活用

転職エージェントの活用方法を色々と紹介してきました。ところでみなさんは、今の転職エージェントに満足していますか?あるデータによると、転職エージェントに満足している人というのは、全体の過半数以下らしいのです。その理由は、転職エージェントをひとつしか使っていないから、というのが主な理由のようです。ひとつの転職エージェントに登録して、そこで割り当てられたコンサルタントとうまが合わず、そのまま転職をあきらめる、という人が結構多いようです。確かに転職エージェントの登録はめんどくさいのでいくつもの会社に登録するのは疲れるかと思います。思うような転職活動ができないのは、もしかしたらコンサルタントが理由かもしれませんよ。これは、コンサルタントが悪い、という意味ではなく、あなたとの相性が悪い、という意味です。あなたの条件を探すのが苦手なコンサルタントで合った場合、転職活動が上手くいかないのは当然の話しです。そうかも知れないと思ったら、一度、コンサルタントの変更を会社にお願いしてみましょう。うまくいくかはわかりませんが、別の転職エージェントに登録するよりは労力は少なく済みますし、そこまでやってやっぱりうまくいかない、ということであれば諦めて別の転職エージェントに行く決心もつくかと思います。中途半端に終わらせておくのが、あなたにとって一番良くないことですので、きっぱりと、言う時は転職エージェントにはっきり言ってしまいましょう。

離職率の理由2

看護師の離職率の高さには、体力面や精神面が大きく関わっていると思いますが、給与というのも問題のようです。看護師の年収といえば、高そうなイメージがあり、実際にも女性の平均年収と比べるとかなり高いようです。しかし、周りから見ると高いと思われる給与でも、看護師として働いている側からすれば、安いという気持ちがあるようですね。なぜなら、看護師の仕事が肉体的にも精神的にもかなりハードだといえるからでしょう。看護師の離職率が高い原因としてのべた、労働時間やストレスなどを考えれば、もっと給与が高くてもいいはずだと考える看護師もいるようで、割に合わないと、離職する看護師が多いそうですよ。また、出産や育児などをきっかけに、離職せざるおえない状況になる看護師もいるでしょう。こういったことから、看護師の離職率というのがあがり、慢性的な看護師不足に陥っているのではないのかな?と思います。なので、最近では、雇用条件を見直している病院なども多く、これらの離職の原因である問題は、転職して別の病院へ移ることによって改善される場合もあるようです。せっかく、苦労して看護師になったのですから、すぐに離職を決めてしまうのではなく、転職してみて、状況がかわるかどうかというのを試してみるのはどうでしょうか?高齢化社会において、看護師の需要とはますます増えることになるだろうと思われます。現在も看護師が不足しているところはたくさんあるので、離職の前に、一度転職をして様子を見てみるのはどうでしょうか?

離職率の理由

看護師の離職率の高さややはり、激務が原因のようですですね。肉体的にも精神的にもタフでない看護師は離職を考えてしまうようです。看護師というのは、基本的に立ち仕事で、長時間労働になります。残業もあれば、夜勤だってあるのが当然ですよね?そのため、必ず不規則な生活を強いられてしまいます。看護師というのは、まだまだ女性がほとんどの職業です。女性同士特有のイジメなどもかなりあるようですし、結婚などで誰かと生活を共にする場合、難しく、離職を考える看護師が多いようですね。また、近年医療ミスといった問題も大きく取り上げられるようになりました。以前より、些細なことでも異議を唱えるような患者も増えているようです。医療裁判なども件数がふえているようですからね。命にかかわる仕事ですし、ミスなどあってはならないことだと思いますが、些細なことでも注文をつけてくる患者が多くなったりして、張り詰めた気持ちで仕事をし続けるような状態になっているようなんですよね。そういったことからもストレスに耐えきれなくて、離職してしまう人も多いそうですよ。さらに、看護師のおかれている環境というのも問題のようですね。基本的に、看護師というのは医師に絶対服従なんだそうですよ。しかし、なかには、傲慢な態度の医師やセクハラをおこなうような医師もいるそうですし、医療ミスではなくても患者とのトラブルなどがおきるようです。また、医師と患者の板挟みのような立場におかれることが多いというのも精神的負担になり、離職率へとつながっているよですね。